お茶のカロリーについて

2021/09/22 コラム

今回はお茶のカロリーについてまとめていきたいと思います。

▼お茶のカロリーについて
お茶は、種類にもよりますが、基本的には0カロリー(kcal)と表示されています。
しかし実際には、煎茶であれば100mlあたり2kcal、麦茶であれば、100mlあたり1kcalと、微々たるものですが、カロリーがあります。
(※烏龍茶、ほうじ茶、玄米茶は、100mlあたり0 kcalです。)
それならばなぜ、表示は0kcalなのかと言いますと、栄養表示の基準では、100mlあたりのカロリーが5 kcal以下の場合、0 kcalと表示することができるからです。

■お茶以外の飲み物のカロリーについて
お茶以外の飲み物のカロリーについても見ていきましょう。

・オレンジジュース…100mlあたり47kcal
・野菜ジュース…100 mlあたり34~40kcal
・炭酸ジュース…100 mlあたり40~50kcal
・スポーツドリンク…100 mlあたり11~25kcal
・牛乳…100 mlあたり67kcal
・豆乳…100 mlあたり35~56kcal
どれも、お茶に比べると桁違いにカロリーが高いことが分かります。

■お茶の効果
お茶には、脂肪を分解する効果や、抗菌作用があるので、飲み続けることで肥満の予防や風邪の予防に効果的です。
また、お茶以外のカロリーの高い飲み物は、虫歯リスクも高くなってしまいますが、お茶には虫歯を予防する効果も期待できます。

▼まとめ
お茶は種類によっては、微妙にカロリーは違うものの、摂取しても気にならない程カロリーの低い飲み物です。
当店では、宇治抹茶やほうじ茶など、さまざまな茶葉の販売をおこなっております。
オンライン通販にて、ギフトにも喜ばれる上質なお茶のセットを販売しておりますので、どうぞご利用ください。