水出しのお茶について

2021/10/08 コラム

今回は水出しのお茶について見ていきましょう。

▼水出しのお茶について
夏が近づくと、お店でよく販売されている「水だし用のお茶」は、誰もが購入したことがあるのではないでしょうか。
水だし用のお茶も手軽で十分美味しいですが、今回は、茶葉を使用した水出しのお茶(冷茶)の作り方についてご紹介したいと思います。
ご自宅にある日本茶であれば、どれを使用しても作ることができます。
■水出し冷茶の作り方
簡単なのに本格的で美味しい、水出し冷茶の作り方がこちらです。

①使用する容器(ポット)の大きさに合わせて、茶葉をお茶パックに詰めていきます。
1Lのポットであれば、茶葉を10~15gお茶パックに詰めます。

②ポットにお茶パックをいれ、水を注ぎます。

③冷蔵庫で3時間~4時間冷やして完成です。
水出し冷茶は、時間をかけてじっくり抽出するので、香りが良く、お茶本来の甘みや、まろやかな味わいが特徴です。
毎回お茶パックに茶葉を入れるのが面倒だと感じる方には、「水出し茶専用のポット」がオススメです。
水出し茶専用ポットであれば、茶葉をダイレクトにそのまま容器に入れることができるので、簡単で便利ですよ。
できあがった冷茶は、グラスに注ぐ時に自動的に茶こしされるシステムなので、パックを使用する必要がありません。

▼まとめ
夏場は茶葉の使用する機会も減ってしまいますが、茶葉を冷茶にして楽しんでみてはいかがでしょうか。
当店では、人気の宇治抹茶をはじめとする、京都で評価された茶葉をいくつもご用意しております。
オンラインショップを運営しておりますので、ご自宅にいながら、いつでもご購入していただくことが可能です。