カビのあるお茶の見分け方は?

2021/11/01 コラム

お茶にカビが生えるというイメージはあまりないかもしれません。
しかし、気温や環境によって生えることがあります。
今回は、お茶にカビが生える原因とカビているお茶の特徴ついてご紹介しましょう。

▼お茶にカビが生える原因
原因として以下のものが挙げられます。

・容器に口をつけて飲んだため雑菌が容器の中に広がって増殖
・飲み切らずに長い時間放置していた
・カビが繁殖しやすい高温多湿な場所に放置していた

対策として、コップにお茶を移してから飲む、早めに飲み切る、飲まないときは冷蔵庫へ保存などが挙げられます。

▼カビが生えたお茶の見分け方
カビが生えたお茶に見られる特徴は以下の通りです。

・白や黒の塊が液体中に浮いている、または底に溜まっている
・カビ臭い
・鼻にくる刺激的なニオイがする
・液体にとろみがある
・違和感のする味がする
・酸っぱいと感じる

この特徴に一つでも当てはまると、お茶にカビが生えている可能性が高いので迷わず捨てましょう。

▼まとめ
今回は、お茶にカビが生えてしまう原因とカビが生えているお茶に見られる特徴についてご紹介しました。
お茶は意外とカビやすいので、開封したら早めに飲み切るようにしましょう。

また京都の宇治抹茶専門店は、厳選した高級茶葉やみなさんに広く親しまれているお茶をオンラインにて販売しております。
幅広い種類のお茶を取り扱っておりますので、企業や親戚への贈り物としても最適です。
どのお茶がオススメなのか分からない方には、オススメの茶葉を紹介することもできますので、何かございましたらお気軽にお問い合わせください。